沖縄でシャッター修理・取付なら 誠シャッター沖縄へ
[建設業許可 : 沖縄県知事許可 (般-30) 第13438号]

SERVICE防火シャッターの定期点検

防火シャッターの定期点検が義務づけられました

これまで火災報知機の点検は義務付けられていましたが、防火シャッターの定期点検は任意でした。
しかし、防火扉が閉じないなどの不備によって火災事故の被害が拡大したことを受け、2016年6月1日より、防火シャッターの定期点検が義務付けられ、定期検査報告が制度化されました。

防火シャッターの点検は、国土交通省によって新設された「防火設備検査員」の国家資格を保有するスタッフが行う必要があります。

誠シャッター沖縄では、資格保有スタッフ在籍で防火シャッターの点検実施も行っております。

対象となる建築物・設備

不特定多数の者等が利用する建築物など安全性の確保を徹底すべき建築物は国が定め、それ以外の建築物等は地方自治体(特定行政庁)によって指定されます。

【主な指定対象 用途】

  • 劇場、映画館、公会堂など
  • 病院、診療所、旅館、ホテルなど
  • 体育館(学校に附属しないもの)、博物館、美術館、図書館など
  • ボーリング場、スケート場、水泳場など
  • 百貨店、マーケット、展示場、カフェなど

※上記以外にも各地方自治体(特定行政庁)が地域の実情に応じて、対象物を指定することになります。

専門的な検査内容

● 防火設備の駆動装置の状態確認

(開閉機、スプロケット、ローラチェーン、ブレーキ装置)

● 煙・熱感知器との連動閉鎖確認

(煙(熱)感知器、ヒューズ装置、連動制御器、自動閉鎖装置など)

● 避難時停止装置(危害防止装置)の確認

(挟まれ時停止距離)

● 随時閉鎖式防火扉の運動エネルギーと閉じ力測定

誠シャッター沖縄では、個人宅からマンション・ビルなどのシャッター保守点検を承っております。
詳しくはこちらをご確認ください。